FC2ブログ

koyaku応援舎

拍手・コメント大歓迎! 写真動画・画像集 リクエスト募集中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仲條友彪くん

最近やっていなかった「過去作品でGO!」←んなシリーズない
で行って見ようかと思います^^;

今回は仲條友彪くんの過去作品で^^
そういえば友彪くんの記事、みんな過去記事ばっかだ^^;

友彪くんはつい最近2時間ドラマに出演されているのですが
今回はあえて過去作品
それは何故か?
ただ単にまだチェックしていないから(笑)
うかうかしているとそのドラマも
オンタイム作品通り越して過去作品になってしまう可能性大(汗)

さてさて今回の本題ですが
いつの過去作品かと言うと2003年です!
友彪くんのプロフですと2003年のお仕事から載っているので
デビュー作品に近いと言えます。
(名前の載らないエキストラのお仕事は別として)

どんなドラマだったのか
続きをポチっとしてご覧ください
↓↓↓↓↓↓




作品名「ぶどうの木 ?里親と子供たちの愛の物語?」

施設で暮らす
さまざまな理由で実の親元と暮らせないたくさんの子供たち。
そんな子供を預かって育てようと決意をした一組の夫婦。

血も繋がらず、戸籍も入らない里親と里子。
そこに本当の家族愛は生まれるのか・・・。
真実の家族愛とは何なのか・・・。

友彪くんは
父親が居ず、母親は病弱で入院を繰り返す状態の為
育てることが難しく、その理由で施設で暮らすひとりの男の子
新藤陽介の幼少役を演じています。


陽介(友彪くん)は里子として一組の夫婦に預けられます。

ぶどうの木 中條友彪01
ぶどうの木 中條友彪02
ジャングルジムの上でひとりで空を見上げている陽介

ぶどうの木 中條友彪03
預かりに来た夫婦が迎えに来ました

ぶどうの木 中條友彪04
今まで自分だけのコップ、自分だけのオモチャがなかった陽介

ほんとに?これ、ボクのコップなの?
オモチャを持ちながら
これ、ぜーんぶボクの?

と、独り占め出来る嬉しさで大喜びしながらお父さんと遊びます。

ですが夜になり就寝の時間に近づくと・・・

ぶどうの木 中條友彪05
帰る・・・もう帰る

ここは自分の居場所なのか
この人たちは自分の味方なのか
不安な気持ちがこみ上げたのでしょう

突然泣きながら大暴れしてしまいます。
ぶどうの木 中條友彪06




ぶどうの木 中條友彪07
ぶどうの木 中條友彪08
よくありがちな
近所の住民が話す心無い一言に
ショックを受ける陽介

ぶどうの木 中條友彪09ぶどうの木 中條友彪10
お母さんが大事にしていた髪飾りを
不意に壊してしまった陽介は
お母さんと一緒に行った買い物先で
同じような髪飾りをポケットに入れてしまいます。

どうしてこんな事するの!?

ボクが壊したから・・・

だからってお店の物を黙って持ってきちゃ駄目なの!

だって沢山あったもん!

お母さんのは壊れたけど

あそこには沢山あったから


だからお母さんのにしようと思ったんだもん


ぶどうの木 中條友彪11
お父さんに「お金で物を買う」事の社会のルールについて
しっかりと聞く陽介




ぶどうの木 中條友彪12
家でボール遊びをする陽介
そこでお母さんが
公園行こう!外で思いっきりボール蹴ろう!
と誘いますが

ぼくいい、お外、怖い

お母さんはそんな陽介をギュッと抱きしめ

怖くなんかない、お外には楽しい事がいっぱいあるの
だから 行こう
ぼくは、新藤陽介だ!ってみんなに教えてあげよう


心の傷をった陽介を想うお母さんの気持ちが伝わってきました

ぶどうの木 中條友彪13
陽介にもお母さんの気持ちが伝わり
公園にやって来ますが
夕立が降ってきてしまいます

けれど、そんな雨でもお母さんは

公園、独り占めだね!やろうサッカー!
お母さんはやる!


雨に濡れながら
気持ちいいー!空からのシャワーだ!
と言いながら陽介に向かってボールを蹴ります。

陽介!パス パス!

お母さんの優しい笑顔に、陽介も笑顔になり
雨の公園で思いっきりサッカーを楽しみます。
ぶどうの木 中條友彪15

ぶどうの木 中條友彪16ぶどうの木 中條友彪17ぶどうの木 中條友彪18

ぶどうの木 中條友彪19
夕立がやんで晴れ間が広がってきた時
近くの子供たちが
あ サッカーやってる
入れてぼくユウタ。そして妹のカオリ。

と言って陽介に話しかけて来ました。


ぶどうの木 中條友彪20
外が怖いと言っていた陽介
施設の頃から他の子供達とも遊ばなかった陽介

そんな陽介が
仲間に入れてと言って来た兄妹に
一瞬戸惑いを見せたものの

ぼく、新藤陽介。
いっしょにやろう


笑顔で自己紹介をして
仲良く遊び始めました。

お母さんも安堵の気持ちで陽介を見守るのでした。

ぶどうの木 中條友彪21ぶどうの木 中條友彪22ぶどうの木 中條友彪23ぶどうの木 中條友彪24



友彪くんの出演シーンでのエピソードは以上です。

その後、小学校時代は當間 竣くん・真鍋卓也くんに引き継がれ
友達や担任の教師とのいさかいなどで
深い傷を負い、結果、泣く泣く施設に戻ってしまいます。
ですが度々施設を抜け出して家に戻ってきたりしながら
家族の繋がりは持ち続けていきます。

そして物語の最後は・・・
ちょっと悲しい結果があったりするのでココでは伏せておきます。
気になる方は検索等で調べてみてください(^^;



友彪くん頑張れクリック




スポンサーサイト

| 仲條友彪 | 02:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiviki589shou.blog66.fc2.com/tb.php/101-1a741be5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。